遺伝というよりも日々の生活

遺伝というよりも日々の生活

最近では、バストサイズをあげられないのは、親からの遺伝というよりも日々の生活が似ているのが原因というのが主流となってきています。偏食や運動不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、胸の成長を止めてしまっていることもあります。

 

親子や姉妹の間でもバストのサイズが違うことは、多くみられる傾向ですから、あきらめる必要はありません。バストアップしたい!と思ったら、お風呂に入ることを意識すると良いでしょう。

 

お風呂につかることで血行が良くなり、身体中に栄養を行き渡らせることができます。もちろん、胸にも栄養が届きますから、血の巡りがよくなった状態の時にバストアップマッサージもますます効果を望むことができます。

 

忙しくて湯船につかる時間がないときは、シャワーを使ってバスト周辺を軽くマッサージするだけでも効果を狙うことができます。胸を大きくしたいなら毎日の行いが影響します。

 

バストが小さめの女性は知らずして、胸の成長をストップさせてしまうような生活が定着してしまっているのです。バストを育てるためには、毎日の習慣を改めることが大切です。

 

どんなに胸を大きくさせるために努力しても、毎日の行いが邪魔をして効果が期待できないこともよくあります。バストアップに有効といわれるツボを、押してみてはいかがでしょうか。

 

だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボが胸を豊かにするのに効果的なツボとして有名なものです。こういったツボを押すことで、血行が良くなったり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺の発達に対して効果があると考えられているのですが、効くのにある程度時間がかかります。

 

豆乳は胸を豊かにするのに効果があるとして知名度が高いですね。豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、女性ホルモン的な働きをするという話です。

 

現在では、飲みやすいように独特の臭いを消した豆乳が作られていますから、豆乳の摂取に前向きに取り組んでみるのもいかがでしょうか。しかし、がぶがぶとあまり飲みすぎるのはよくないので注意しましょう。